11月11日に、JAグループ山形で10月からスタートした「地域・担い手サポートセンター」が主催する

研修会に講師として登壇しました。

労務管理支援コースとして、農業法人の労務管理にフォーカスした研修会は初めてとのこと。第1回目に講師ができることは大変光栄です。

これまで税務や会計、法人設立等をテーマにした研修会は、各県で定期的に開催されてきましたが、

これから法人化が進展していくなかで、避けて通れないのが「雇用」ですので、その「労務管理」の知識はこれから必須となるでしょう。

今回は、①農業者の労災加入、②農業法人の労務管理、③マイナンバーの3つのテーマでお話をさせていただきました。

幸い受講者からは、「分かりやすかった」「よく理解できた」とお褒めの言葉を頂戴しました。

今後も、「難解なことをいかに分かりやすく伝えるか」をモット―に、さらにブラッシュアップに努めたいと思います。

ご用命がありましたら、お気軽にご連絡くださいね。